Reiko Nonaka photo dairy

パリ在住の写真家、野中玲子の写真日記

カテゴリ: 生活

5月1日はスズランの日。幸せをもたらす春の花として5月1日に人に贈るのがフランスの風習だが、スズランが大好きな私は、毎年、自分のためにスズランを買う。今年は小さなスズランの鉢植えをすでに買っていたのだけど、それだけではなんだか物足りないなあと思ってマルシェに行ったら、いつも買うお花屋さんで、カンパニュラとスズランの寄せ鉢に一目ぼれ。カンパニュラという名前は、ラテン語の「campana(小さな鐘)」が語源で、釣鐘のような花の形に由来しているそうです。鈴蘭も、花が鈴のように見えることに由来してます。白の鈴と紫の鐘の美しいコンビネーション。うっとりします。
IMG_5670

ここ最近、パリはとてもお天気がよく、夕焼けや夜の空も透明感があって、三日月が美しく輝いています。一昨日・昨日の夜遅い時間、アパートの窓からも、西の空に輝く三日月を見ることができました。部屋から月の見えるアパートに住みたい!とずっと思っていたけど、ここからもこんな風にお月様が眺められるなんて!西の空に沈む三日月を見たのは初めて。お月様も沈む前は赤くなるのですね。ただただ、美しく、心が洗われました。IMG_9334IMG_9361


昨夜は日本は皆既月食の満月でしたね。残念ながら、パリでは位置的に皆既月食は見れないそうですが、昨日は雨が降っていたので、お月様の姿を見るのも難しいかと思っていたのですが、夜中の12時前頃、友達が満月が見えるよ!虹も出ているよ!と教えてくれたので、外に見に出ると、なんと虹色の輪の中に煌々と光る満月が!月虹というのですね。なんとも不思議な美しさ。まるで絵画のよう。生まれて初めて月虹というものを見ました。あまりの美しさに、寒さを忘れて写真を撮りまくりました。すばらしい満月が見れて本当に幸せな気持ちになりました。お月様、ありがとうございます!
IMG_0677
IMG_0619
IMG_0633
IMG_0681

日本百景の一つ、佐世保の九十九島の夕陽。弓張岳からの眺めです。何度見ても素晴らしい。佐世保には小さい島がたくさんあって、実際の島の数は208だそうですが、たくさんあるという意味で九十九(くじゅうく)島と呼ばれるようになったそうです。IMG_7199

↑このページのトップヘ